リタイア5年前からのリバランス

リタイア5年前からのリバランスの必要性 インデックス積立投資を10年、20年、30年と続けていき、いよいよ定年によりリタイアが迫ってきた場合、ポートフォリオのリスク資産の割合を減らして、その分の安全資産を増やすリバランスが推奨されています。リタイア後のセカンドライフに於いては、自分年金として少しづつ運用資産を解約していくことになります。 例えば予めリタイアの5年前から安全資産(国内債券)の割…

続きを読む