楽天証券が個人型確定拠出年金を始めるようです!

楽天証券の個人型DCの取り扱い銘柄は? 前回、確定拠出年金の運用商品の銘柄選びでは、年金制度改革に伴う、DC制度の改正によるDC制度加入者の拡大を見込んだ、運用商品の選定方法について検討してみました。 銘柄は運用コストの低いSBI証券が取り扱う銘柄で検討してみましたが、いよいよ楽天証券でも9月下旬より個人型DCの取り扱いを始めることになったようです。 楽天証券といえば、SBI証券と並ん…

続きを読む

8月の積立買付けが終わりました。

インデックスファンドによるコツコツ積立運用方針 インデックスファンドによる自動積立は買付け日を毎月12日に設定しています。 8月は実働日の12日に買付けが執行されました。 私の運用方針ですが、ポートフォリオは、下表のとおり外貨と円の割合が4:6、債券と株式の割合が4:6としています。 本ポートフォリオで計算すると、期待収益率(手数料含まず)は5.7%となり、標準偏差は9.7%です。 信…

続きを読む

国内債券を個人向け国債に切り替えます!

7月のインデックスファンドの基準価額 インデックスファンドによる積立投資を始めて約6年になりますが、利用しているネット証券の1つである楽天証券から、当該ファンドを保有している顧客に対してファンドの年率リターン(直近1年間の分配金込の基準価額変動率)のデータがメールされてきます。 以下は7月30日の基準価格によるデータになります。 ■基準価額メール対象ファンド一覧(三井住友トラスト・…

続きを読む

確定拠出年金の運用益はどのくらいになるか?

運用商品とアセットロケーション 前回、確定拠出年金の運用商品の銘柄選びでは、年金制度改革に伴う、DC制度の改正によるDC制度加入者の拡大を見込んだ、運用商品の選定方法について検討してみました。 また、運用商品のアセットロケーション別に検討した投資信託の取扱い銘柄の比較検討結果から、一例として以下の運用商品をピックアップしてみました。  ニッセイ日経225インデックスファンド 信託報…

続きを読む