保険の検討<医療保険編>

保険見直し01アドレス付き.jpg

終身医療保険とは


前回までは代表的な生命保険である、終身保険、定期保険および収入保障保険について検討してきました。
今回は終身医療保険について検討してみます。
終身医療保険とは、保障が一生涯に渡って継続する医療保険です。
医療保障が一生涯続くため特に病気の発症率が高まってくる老後の医療費が心配な方に向いている医療保険になります。
また、加入時の保険料が変わらずに継続されるため、若いうちに加入しておけば、毎月の保険料負担を軽減することができます。
病気や怪我は健康保険でカバーできるので風邪や軽微な怪我では医療費負担はそれほど気にすることはないと思いますが、入院や通院が長引いたりすると負担が大きくなってきますので、はやり自身の健康状態を見極めたうえで医療保険に加入すべきかについて検討するのがよいと思います。
いつどのていどの医療保険に加入するかについては、健康なうちに老後に備えて終身医療保険への加入がお勧めだと思いますが、十分な貯蓄があれば医療保険への加入は不要という考え方もあります。

終身医療保険のコストについて

以下の条件で終身医療保険に加入した場合の保険料について比較してみます。

1.保険期間:終身
2.保険料払込み期間:60歳
2.入院給付金:5,000円/日
3.先進医療特約:給付金 通算2,000万円まで
4.手術給付金:入院給付金日額の10倍(入院手術の場合)

加入年齢  保険料(月額)  払込期間     払込総額
22歳   1,495円   38年   681,720円
32歳   2,321円   28年   779,856円
42歳   4,241円   18年   916,050円
※アクサダイレクト生命保険の保険シミュレーションにより計算

以上から終身医療保険は、加入年齢が若いほど払込み総額が安くお得であることが分かります。
医療保険は生命保険と同様に告知がありますので、健康な若いうちに加入する方が、加入の面でも保険料負担の面でも有利だと言えます。
アクサダイレクト生命では、終身がん保険も扱っており、同じく入院給付金を5000円/日としシミュレーションしてみると終身医療保険とほぼ同額の保険料のようです。
がん保険はがんに限定されるので、不謹慎な話で恐縮ですが、例えば喫煙・飲酒が多かったり、がんの家系であるとかの状況により加入を検討することになると思います。
がんの家系というのは遺伝ではなく食事が影響しているという説もあります。

食事健康法について

ダイエットや食事健康法は種々ありますが、いろいろ試してみて、効果のある自分に合った方法を選択すれば良いのではないでしょうか。
三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)に有効な食事健康法でお勧めなのは、パレオダイエットという食事健康法で、本ブログの左カラムで紹介している、「間違いだらけの食事健康法」では、これまでの食事法を総検証し、食事の改善により科学的に病気が治る本当の理由を解説しています。

県民共済について<おまけ>

共済も医療保険を取り扱っており、例えば都民共済の総合保障2型の場合、以下の好条件で割安な保険料となっています。

都民共済 総合保障2型の保障内容(18~60歳の場合)
1.入院:事故5000円/日、病気4500円/日(1日目から)
2.通院:事故1500円/日(14日以上90日まで)
3.交通事故(死亡・重度障害):交通事故1000万円、病気400万円
4.保険料:月掛金2000円

特徴として交通事故の保険金が高額ですので自動車を運転する方にもお勧めです。
また、上記の総合保障2型に医療特約(月掛金1000円)をプラスすることで、入院や手術給付金を手厚くして先進医療特約も付加することができます。
都民共済のの加入時の注意点としては、告知が非常に厳しいということです。

保険会社の生命保険や医療保険は、病気や通院歴があっても生活習慣病程度であれば告知でひっかかることはないと思いますが、都民共済の場合は通院や薬を飲んでいただけで加入することはできません。
例えば、少々血圧が高く内科で血圧の薬を処方されただけで加入は認められません。
保障が充実している県民共済の加入は是非若いうちに加入しておくことをお勧めします。
更に、都民共済のメリットは保険料の割り戻し金額が多いということです。
総合保障2型の場合、保険料は月掛金2000円ですが、半分近くが割り戻しされることもありますので大変お得です。これは告知が厳しいことが要因ではないかと思っています。

次回は、サラリーマンの方は年末調整の書類を年末に会社に提出しますが、新入社員の方向けに保険料控除について解説したいと思います。また、保険を申し込むときに申告する告知についても触れたいと思います。

この記事へのコメント