ローコストファンドでコツコツ投資を始めましょう!

積立投資01サイトアドレス付き.jpg

ファンド銘柄の入れ替えの見直しを行いました。


前回9月に、「ファンドの入れ替えを行いました」では近年に販売開始され設定されたより手数料の低いインデックスファンドへの乗り換え銘柄について紹介しました。

今回は、この手数料の低いインデックスファンドを使用して、余裕資産による積立増額を行うため、毎月運用実績を報告しているSMTシリーズでの積立(楽天証券)とは別に、SBI証券を使用した積立を開始しました。
下表のとおり証券会社も投資信託の銘柄も変更しましたので、1からの出発となります。

ローコストポートフォリオ!.jpg

今回、ニッセイTOPIXは信託報酬が更に低くなりましたので、iFreeを抜かして最安値となっています。勿論、信託財産留保額は全ての銘柄でゼロのものを選定しています。
新興国株式(MSCIエマージング・マーケット・インデックス)を最安値のたわらノーロードにしていないのは、たわらノーロード新興国株式の信託財産留保額が0.3%であり、ゼロではないためです。
上記ポートフォリオでは0.2414%となり、当初紹介しました下表のSMTシリーズによる信託報酬0.467%に比べて約半分の手数料となっています。

信託報酬_銘柄見直し前_2016.9.19!.jpg

ポートフォリオの配分割合は変更しておらず、資産割合は、下表のとおり外貨と円の割合が4:6、債券と株式の割合が4:6としています。

ライフFP_ポートフォリオ!.jpg

コツコツ積立を始めましょう!


これから長期に渡りコツコツ積立を継続することになりますが、長く続けるために適宜運用状況を報告のうえ、積立投資家の心理状態について解説していきたいと思いますので、これから積立投資を開始される方の参考になれば幸いです。勿論、ポートフォリオは自身の決めた配分、銘柄で問題ありません。
上記の推奨ポートフォリオと大きく乖離していなければ、損益に大きな差はでないと思いますので、個別銘柄の組合せでもバランス型ファンドでも、自身で納得できる独自のポートフォリオを組みましょう。
因みにバランスファンドは、大和-iFree 8資産バランスという投資信託が9月に設定されています。こちらは信託報酬が0.2484%となっており、バランス型の中では信託報酬の低さでは秀でています。8資産は全てマザーファンドからの子ファンドで構成されていますので検討に値すると思います。
まだコツコツ積立は2回しか行っていませんが、運用成績は以下のとおりです。

信託報酬_銘柄見直し後_2016.11.17!.jpg

なお、積立であれば月500円から投資できますので、これからコツコツ積立を継続していきましょう。

この記事へのコメント

  • 株太郎

    株太郎と愉快な仲間たちの管理人、株太郎と申します。
    相互リンクお願いできますでしょうか。

    サイト名:株太郎と愉快な仲間たち
    URL : http://kabutaro777.com/

    HP開設から約1年経ち、内容も充実してきました。
    当方、リンク済みです(http://kabutaro777.com/link/kabu_link_001/link001.html)

    ご連絡お待ちしております。
    2016年12月03日 13:29
  • ライフFP

    コメントいただきありがとうございました。
    相互リンクさせていただきましたので
    宜しくお願い致します。
    2016年12月04日 14:28

この記事へのトラックバック