つみたてNISAの設定を行いました

pixta_19993693_S (2).jpg

つみたてNISAをはじめる理由


いままでNISAは長期投資には合わないと考え実施していませんでした。理由は非課税期間が5年のため長期投資としては少し短いからでした。すなわち、5年の満期を迎えたときに相場が下がっていた場合、非課税の優遇以上に損益がマイナスになってしまう可能性が高いからです。
ではつみたてNISAはどうかという前に、つみたてNISAのおさらいをしてみます。

◆年間40万円まで積立が可能
◆20年間にわたり譲渡益や配当が非課税に
◆対象商品は投資信託

長期投資で20年間という年月を考えると十分ではないかという印象です。個人的にはいままでの経験から最低でも8年間は保有しつづけていたいという感想を持っています。

つみたてNISAの証券会社はSBI証券にしました


つみたてNISAをはじめるにあたり、証券会社から資料を取り寄せ検討しました。Webでの設定画面や操作方法に関しては、個人的にSBI証券が分かり易いと感じており、選択銘柄は各社それほど違いはないだろうという判断からSBI証券に申込みを行いました。

つみたてNISAの設定はどうするの?


つみたてNISAを申込みし、手続きの完了通知がきていたのですが、しばらくほっておきました。
来年1月からつみたてできる訳ですから、NISAのつみたて設定を行おうとしましたが、設定画面がみつかりません。SBI証券に電話して確認したところ、通常の投資信託の買付けから、つみたてNISAが選択できるようになっていました。

つみたてNISAの銘柄をどうしたか


つみたてNISAは年間40万円までですから、1ヶ月あたり33,333円まで積立できることになります。きりが悪い金額ですっきりしませんが、なんと、つみたては毎日、毎週、毎月から選択できるようになっています。迷わずここてゃ毎日に設定しました。
銘柄はたわらノーロードシリーズから選ぶことにし、1ヶ月3万円程度でリバランスは面倒なので、今回はバランス型を選ぶことにしました。バランス型は信託報酬が単一ファンドに比べて高い傾向がありますが、8資産分散型でなんと信託報酬は0.2%台となっています。堅実、標準、積極型全て信託報酬に差が無いため、ここも迷わず積極型のOne-たわらノーロード バランスを選択しました。

ついでに通常の投資信託も毎日積立に


通常の積立投資はSBI証券と楽天証券を使っていますが、ついでに通常の投資信託も毎日積立(月23日)に設定変更してみました。なお、楽天証券に問い合わせしたところ毎日や毎週の積立は予定していないということでした。


この記事へのコメント